「宇宙と一つになって生きる」− 今望まれる 唯一の在り方 −  その機会と環境:「真の教育のための学校」NOW <Normalized Organism for the World>(企画推進室:Art Libra)

メンバー紹介

メンバー紹介

 
 

代表 馬渕貴子

 

 こんにちは。代表の馬渕貴子(まぶちたかこ)と申します。

 元々は、アパレル企業の教育職だったり、踊り手だったり、外資系企業のOLだったり、公立高校の英語教諭だったり、アマチュア劇団の監督だったり、3つの言語の翻訳家だったり、コーチングのファシリテーターだったり、画家だったり、各種コースのトレーナーだったり、アカペラコーラスの編曲者兼指揮者だったり、一体どれが元々で、どれが現在なのかは、本人も差が無さ過ぎて分かりませんが、どれもそうでは無いというのが、本人の感覚です。


 一言で言うなら、ちょちょいとチューニングして、「ああ、それがメッセージですね、はい、喜んで。」という日々ですから、超お気楽で、超真剣な訳です。


 「代表」というのが、私という人間の使い道だそうですから、そうさせて頂いていますが、お金もITも苦手中の苦手で、時折、他のスタッフから哀れむような視線を感じます。

 ただ、総指揮とか、総監督のようなことは、幼少の頃からどことなく得意、周囲を取りまとめ、何やかや、やってのけるような場面は多かったように思います。


 ある聖者が、20年ほど前に、「貴女は、経営者に生まれついている。」と仰いましたが、当時、公立高校の教諭だった私は、正直ピンと来ませんでした。

今も、実際に何かを経営するための物は何も持ち合わせておりませんし、とても商才があるとは思えません。

 しかしながら、―「真の教育のための学校」NOW―のように、プロジェクト様の方が主導権を握っていて、こちらをこき使ってくださるなら、そのメッセージに耳を澄ませ、氣の流れを読み、しっかりと進めて行く、ということにお仕えすることこそは、私の役割だと思えます。



 そこでよくよく考えてみれば、言葉とはよく出来たもので、元来「経営」と言う言葉の意味は、「経」すなわち「氣の流れ」を「営」む、という意味なのです。

 なるほど、そういう意味なら、「経営者」というのは、今生、私という人間の役割なのであろうと、その聖者の言葉を思い起こしつつ、深く受け取るように努めています。



 それでは、現在のArt Libra のメンバーをご紹介します。

現在は、家族がチームですが、家族だからチームでやっているわけではありません。
たまたまというか、宇宙の真理に照らせば、必然的に、チームメイトが家族として 集まって来たということでしょうか。

(2015年3月)




鶴飼哲也

 こんにちは。鶴飼哲也(つるかいてつや)と申します。
 馬渕貴子とは夫婦であり、パートナーであり、親友です。

 今、メッセージにより、ある文章を書かされています。(2018年12月)
 以下、冒頭をご覧ください。

※ 本文は、こちら
/////

至高の目的
<イントロダクション>

 私には、師がいる。揺るぎなく確かな師に出会えたことは、間違いなく最大の恩恵である。以降のすべての恩恵が約束されたのだから。何より、いついかなる時も、常に、胸いっぱいに、愛と感謝、喜びと平安が、はち切れんばかりに溢れてくることは、師との出会いによってもたらされた奇跡である。身に余るほどの贈り物だ。

 師の導きは、常に私の感覚を超越している。

 ある日、私は今生の最大の仕事を知った。それは、魂の希求として、内側から立ち昇った。きっと、これ以上の奉仕は存在しない。それは、人類の至宝たる『アートマ・クリヤ・ヨーガ』を人々に紹介し、その人が生涯の内にその精髄に至る様、全てを捧げることである。

 とはいえ、私にアートマ・クリヤ・ヨーガ・ティーチャーの役割はなく、私が直接教えることはない。ただ、伝え、共に深め、共に至るのみである。

 当初私は、ご縁のある一人でも多くの人に伝えるものと思い、その為の最善の道を知るべく意識を集中していた。ところが、朧げにあったイメージとは全く違う道を示されたのだ。

 師は私に、「既に弟子を持つスピリチュアルリーダーにこそ、アートマ・クリヤ・ヨーガを伝えなさい」とおっしゃった。

 世界的名著『あるヨギの自叙伝(パラマハンサ・ヨガナンダ著/森北出版)』の愛読者なら、クリヤ・ヨーガの深遠な世界を理解できるだろうが、クリヤ・ヨーガは、本来、密教性が極めて高く、その正統な伝授を受けられるのは、準備のできた極限られた人たちのみだった。

 後に紹介する二人の聖者が、意志ある全ての人にこの密教性を解除したのが、「アートマ・クリヤ・ヨーガ」である。

 この宇宙に存在するのは、たった一つの偉大なる生命であり、それのみである。実在、静寂、空間、叡智、至福・・・この、神としか呼びようのない偉大なる生命こそが、私たちの本体であり、すべてのすべてである。人がこの実在に完全に回帰することを、神実現と呼ぶ。アートマ・クリヤ・ヨーガは、最も安全に、最も確実に、そして、誠実に愛と喜びをもって向かえば、最もスムーズに神実現に至る、人類の至宝である。

 実は、この「アートマ・クリヤ・ヨーガ」には、複数の偉大な約束が隠されている。それらの約束こそが、このアートマ・クリヤ・ヨーガの偉大性を支えている。

◆ 至高の目的
◆ アートマ・クリヤ・ヨーガの精髄
◆ 時代の要請
◆ 師との出会い
◆ ここまでの道のり(幼少から高3:流される人生の終わり)
◆ ここまでの道のり(高3から30歳:訓練期間)
◆ ここまでの道のり(30歳から:チューニング通りの日々)
◆ 「NOW」という生き物
◆ スピリチュアルリーダーに会いに行く
 ・ その1 ある僧侶に会いに行く

本文は、こちら

この文章は、今後、体験と共に書き加えられてゆく、一種のドキュメンタリーです。神なる自己への回帰を共に辿れることを、大変嬉しく思います。

ありがとうございます。

鶴飼哲也





ピクチャ 139

ご縁をいただいた皆様へ

私は、今、輝いてます。

今は、です (笑)。


 どうも、馬渕清歌(まぶちさやか)と申します。
Art Libraでは執筆者の一人として活動しています。


 「今」というのは非常におもしろい時間軸ですね。
 
私はあるきっかけをもとに「今」を生きることに成功しました。
おかげで私は今、どんなときも概ね幸せで、ご機嫌です。


 しかし実は、ほんの数か月前まで、私はとてもストレスフルな生活を送っていました。

特別裕福とかいうことではありませんが、家族、友人、職場、その他ありとあらゆるサポートには恵まれ、自分勝手をたくさん許してもらっていたにもかかわらず、なぜかいつも満たされずピリピリしていました。

 家族には「昔はあんなにかわいかったのに・・・」とつぶやかれ、友人たちはといえば、あまりにも喜怒哀楽が激しく、自分で歯止めがきかない私を、「多重人格ではないか」と真剣に心配していたそうです。

 自分中心でないと満足しない私は、恋人にも、敬意を払うとは程遠い態度をとることがほとんどでした。
今思えば人として、モラルに反する生き方ばかりをしていたような気がします。

ごめんなさい。


 当時の私は、マイナスの意味で、よく人を驚かせてはあきれられることの連続でした。
悪い意味でアンビリーバボーでした。全く自慢になりませんけどね・・・(笑)。

 そんな私の側面は心配こそされましたが、それでもありがたいことに、一部の人からはとても好かれ、当時は本当に大事にしていただきました。
けれども、私自身はというと、
「100パーセント誰かを信用することなど一生ない」と、密かに人間不信でした。

そんな私のメンタルが、素晴らしい出会いや成功のチャンスすら自ら奪ってしまっていたことに、ようやくこの間気が付いたのです。


 そして私は今、輝いています。

これからも、自分も周りも、輝きを増す一方だと確信しています。

自分でも不思議ですが、体験してしまったのですから真実です。



 ここで少し、仕事の話をしてもよろしいでしょうか。

 実は、私は学生時代から、これといってやりたいこともなく、特に苦労をするわけでもなく、20代前半までのらりくらりと過ごしてきました。

趣味の範囲で仕事をこなす期間を経て、やっと本気で選んだ仕事は、子供英会話の講師でした。
その会社では業績の面でも大きく貢献し、5年近くキャリアを積んで、100人生徒を持つ講師兼、講師の育成や会議のファシリテーターにも積極的に携わりました。

とてもやりがいがあったはずの仕事でしたが、ある日突然、卒業の日はやってきました。



 現在私は、とある会社で働きながら多くのことを学ばせていただいております。
その会社は、ちょうど一年前入社したばかりです。
業界の知識も特別持ち合わせていないまま、手ぶらで熱意のみひっさげ、社長面接までこぎつけました。面接後はその場で即採用。ご縁だったとしか思えません。

その後も、普通ではありえない奇跡が度々起きました。

シングルマザーでコネなし、文無し、家なしの私でしたが、タイミングとは恐ろしいほど調子を合わせてくれるもので、とんとん拍子で私をいるべき場所、働くべき会社 へ連れて行ってくれました

 なぜ、ここまでとんとん拍子なのか。
その訳や実際起きた出来事、幸せのメカニズムなどを、不定期ですがニュースレターにしてお届けしています。

嘘みたいな本当の話や、「すべらない話」(すべて実話)も交えていきますので、一緒に笑って元気になってください(笑)。

long_3.png

 

 私は、仕事に限らず、みなさんが少なからず体験したであろう、ほとんど全ての否定的な状況や、感情や、思い方考え方をほぼ網羅しているといえます。断言できます。
なぜなら私は、これまで、ネガティブこそが自分だと信じ、潜在意識と体にも信じ込ませて(もちろん無意識ですが)生きてきたからです。

私は超がつくネガティブ人間だったのです!

ですから、何かに追われているという感覚が無意識のうちに常にあり、いつも自分や他人を追い詰めることで何かを成し遂げてきました。
行動を起こすベースは常に、ネガティブな自己イメージでした。

 しかし、そのことが何の役にも立たないどころか、自分にとって、周りにとって、社会、国、地球全体にとって、マイナスや不調和しか生まないことに、本当に気づいた瞬間がありました。

 それからすべてが変わり始めました。


 人は本質をとらえ、自分の潜在性を見るきっかけさえあれば、劇的な変化をとげる
ということですね。
上に挙げたような人格が自分だと思われた私ですら、30歳手前にしてここまでこられました。
私より遥かにまともな生き方をして、私より遥かに、人のために悩んできたであろう人はたくさんいるはず。
この自己紹介をご覧のあなたも、きっとその一人ではないかと、メッセージを書きつつ感じております。

 これは武勇伝でもなければ、自己をけなす自虐ネタの披露でもありません。

真実です。

私は「今」輝いています。

長くなりました。
ありがとうございます。



馬渕 清歌 拝

Art Libraのニュースレター登録は以下よりどうぞ。

long_3.png

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional