「宇宙と一つになって生きる」− 今望まれる 唯一の在り方 −  その機会と環境:「真の教育のための学校」NOW <Normalized Organism for the World>(企画推進室:Art Libra)

jishu-kaizen

環境改善「自主改善」について


いつもお働き、ありがとうございます。

2016年の夏より、「真の教育のための学校」NOW の拠点造りが本格的に始まります。
(詳しくは、こちらをご覧ください。http://artlibra.net/index.php?yano-san-in-artlibra

矢野智徳氏の「大地の再生講座」の前後の日程で、環境改善の「自主改善」を行ないます。

7月8月は、「環境整備月間」として、「真の教育のための学校」NOWの日常のカリキュラム(毎週火土)も、環境改善作業を通しての学びとします。

この期間、「真の教育のための学校」NOW の通常カリキュラムは、オープンスクールとします。(9月より、正規の形で再スタートします。)

まず、以下、共有事項です。ご覧ください。

0. ご縁に感謝します。ありがとうございます。

1. まず、事前に、こちらの記事をご覧ください。
http://artlibra.net/index.php?ブログ%2F2015-10-15

2. 7月8月は、「NOWの環境整備月間」となります。
敷地全体が、「真の教育のための学校」NOW として有機的に機能する様に整備して行きます。
エッセンスは、矢野智徳さんの「大地の再生メソッド」です。

火曜と土曜は、NOWの日常カリキュラムの日です。9時集合、16時解散です。
参加の意志のある子供たちも参加します。
事前と事後に、体操や簡単なセッションを行ないます。

それ以外の日程は、「作業」に重点が置かれます。
時間は、参加者で調整しながら決めて行きましょう。

(7/21(木)〜7/24(日)は確定しています。)

3. 特に最初は、7/26の「大地の再生講座」に向けての準備となります。
・雨が降っても、野外で活動や座学やボディーワークができるように、仮設屋根を整備する。
・野外のトイレを充実させる。
・駐車スペースを充実させる。
・安全な通り道を確保する。
・当日大量に使う、環境改善資材(炭、小枝、中枝、竹など)を集める。
このあたりが、重点項目になります。

4. 終始野外で過ごします。建家には入りません。雨支度とお弁当をご持参ください。
トイレも野外でお願いします。(男女とも)
・男性の「小」はその辺で、「大」はやや遠目で穴を掘って埋め戻すスタイルでお願いします。
・女性は、仮設の野外トイレ(結構立派です)でお願いします。最寄りの公衆トイレは龍穴神社にあります。
気になる方は、事前にお済ませください。
7/26の「大地の再生講座」も同じスタイルです。

5. 毎回、活動エリアを絞って進めて行きます。
NOWでは、他のプロジェクトも同時並行で動いています。
作業中に、建家の前を横切らないでください。
(敷地の反対側へは、山の中を通って行きます。)

6. 持ち物等は、矢野智徳氏「大地の再生講座」に準じます。
こちらをご覧ください。
http://artlibra.net/index.php?yano-san-in-artlibra

以上が、事前の共有事項です。
よろしくお願い致します。

ありがとうございます。

「真の教育のための学校」NOW
企画推進室:Art Libra
鶴飼哲也

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional