「宇宙と一つになって生きる」− 今望まれる 唯一の在り方 −  その機会と環境:「真の教育のための学校」NOW <Normalized Organism for the World>(企画推進室:Art Libra)

thelightyousee

馬渕貴子 油絵作品集~ただ在る神性~

画像の説明

やっと村が見えた A village at last F15(53.0×65.2cm)

描く

 私は、絵をお産しているのだと思います。妊娠したら、自然と内なる変容が起き、そのイノチを育む為に、身体も精神も魂も、意識的にも無意識的にも、持ちうるすべての智慧を総動員して、普段とは違う体勢に入るようです。そして或る時、満を持して陣痛なわけです。そうしたら、もう息まずにはいられない。アトリエに駆け込み、お産開始となるわけです。安産もあれば、とてつもない難産もあります。
 この感覚を繰り返すうちに、絵画は、私という自我意識が描くものではなく、まるで我が子の如くですが、私というイノチをとおして、天から授かるものなのだと悟るようになりました。母体である作者は、イノチが宿るに相応しい日々の精進こそが、実は仕事の9割なのだと私は考えています。そして生まれ出でた作品は、そのビジョンが全うできるような人や場所へと、完璧な形で、送り出さなければならないと思っているのです。


↑ページのトップへ

フランクフルトの森 Forest in Frankfurt F10(45.5×53.0cm)

To Paint

 I can say to paint is to give birth for me. As soon as I become pregnant, my internal condition is automatically changed to set the perfect stage for childbirth with all spiritual and bodily wisdom I have potentially. And the time comes when I am delivered of babies.Then I have to push in my atelier with all my might. The delivery is sometimes easy and sometimes hard.
 Repeating the experiences, I have realized that I receive the paintings from Heaven like a baby beyond my will. So I believe 90 percent of my job is to devote myself to daily learning so that the new lives can come to me. And my duty is to send my paintings off to appropriate persons or places for their perfect vision.




めくるめく森 Dazzling forest F30(72.7×91.0cm)

芸術

 真の芸術には、天国も地獄もあるように感ずるのです。どちらの相が表面に出るかは、その作品の持つ役割によりますが、本物の芸術には、明暗が折り重なり織り成され、ひとつの源から創出された荘厳のイノチのDNAを有しているように感ずるのです。何故なら、真の芸術は、作者の意図を超え、作者の現在地を超えた大いなる力により生み出されている気配に満ち満ちているからです。そして、この感覚は、芸術作品や芸術的表演に接したときに、私に、どれが真の芸術、すなわち「神芸術」なのか教えてくれるのです。


↑ページのトップへ

鶏頭 Cockscombs M6(41.0×24.2㎝)

Art

 True art has both of the heaven and the hell. Of course, which aspect is dominant on the surface depends on its role. I feel that every work of true art, weaving light and dark, has a DNA of magnificent life coming from the only one origin of the universe. And I also feel it is beyond the artist’s ability and talent. This feeling always tells me which one true art is, which one Art of God is.

花 Flowers P10(53.0×41.0cm)

芸術の役割

 芸術には、鑑賞して楽しんだり、美的環境を創出したりするというだけでなく、明確な役割があるものです。古来、芸術の集結する場は、寺院や教会や貴人の墓など、神仏に関わる場所が多く、古代の議事堂や朝廷の場なども、その空間自体が圧巻の芸術である場合も多いものです。また、世界の民族伝統文化においては、生活用具、衣装、調度品、そして儀式などが、まさに芸術そのものの姿で、彼らの生活の一部として息づいているものです。そして、その質の高さは、その時代や地域の人々の信仰の深さや、精神性の高さに比例しているように感じられます。
 真の芸術とは、神芸術であります。我々一人ひとりの、神から来て神へ還る魂の道程で、神性なる記憶こそを呼び覚ますのが、芸術の役割だと、私は信じています。誰かに教わったわけでも、何かで読んだわけでもありませんが、いつの頃からか、私は深くそう信じているのです。


↑ページのトップへ

地中海の記憶 Memory of the Mediterranean F30(72.7×91.0㎝)

Role of Art

  ‘Art’ has a definite role besides being appreciated and creating artistic circumstances. From ancient times, the places concerning religious or spiritual matters have been really artistic, such as temples, churches, the assembly halls and the Imperial Courts etc.
Furthermore in ethic cultures around the world, we often see true art in the daily household utensils, costumes, furniture and the style of ceremonies. And the quality in ‘Art’ seems to be in proportion to the depth of faith and the height of spirituality of the people in the area and the period.
 I believe that true art is Art of Divinity, Art by Divinity and Art for Divinity. On the journey of each soul of us, which comes from God and goes back to God, making its own memory of divinity awaken is the very role of ‘Art’. I have never been taught it by anyone and I have never read it in any book. But I have been certain it is the truth.

嵐が来る前に峠を越えよう I will go over the pass before storm F15(53.0×65.2㎝)

自由

 私は、有り難いことに、本当に自由に生かさせて頂いています。しかし、現象の自由ではなく、心理的、精神的な自由を通り越して、霊的なまでに自由に生き始めるには、厳しく自己に対峙することを余儀なくされた長い長い時間がありました。
 我の強かった私は、自分が上質だと思う自己真実で凝り固まっており、その結果、妙に決断力はあったように思いますが、自己の慣れ親しんでいる世界や価値観から抜け出すことが真の自由だと気付いたのは、人生の概ね半分を過ぎた頃でしたので、それからの自己の在り様の路線修正は困難を極めました。ですから、それ以降は、なるべく自己の真実を語るのをやめて、大いなる真理を語ろうと努力して来ました。その時に、生まれて始めて本気で自分自身を相手にして、「人は本当に手強い」、ということを知ったのです。それまでの人生は、今にして思えば、本人にとっては必死な局面もあったように思うのですが、余りにも無知で、本質なるものからほど遠い、社会の有象無象チャンネルの迷い子であったように思います。

ダリア Dahlias F10(53.0×45.5㎝)

Freedom

 Thanks to God, I live free. But to reach the real freedom beyond simply mental freedom, I had had a long struggle to face myself.
 I had lived in my self-truth that I had thought excellent, which made me decisive. However one day I realized to get true freedom was to get out of my own world and of the sense of values that I thought right. It was really difficult for me. Then I tried to talk about ‘Cosmic Truth’ not to talk about the truth invented by me. And by confronting myself strictly for the first time in my life, I recognized that a man was really difficult. Till then, I had been so ignorant and abided in the world far from the fountain of the cosmos, though I had tried hard to live better for myself. That is to say, I had been totally lost in various channels of the society without knowing what to know as a man. At long last I got interested only in reaching true reality in the cosmos.

坂道の町 A town of slope P10(41.0×53.0㎝)

 さて、それからは、その自己真実とさようならすること、すなわち、真のリアリティに辿り着くこと以外に興味が起きなくなり、極めてニュートラルでいられるように、と言うのが私の日々の修行となりました。このことは、絵画を描くというような仕事に携わっておりながら、没個性のように響くかもしれません。しかし、今、私は、ニュートラリティが極まることこそが真のリアリティであり、その先に個なる存在の特質が輝き出るのが真の個性だと感じられるようになってきているのです。アイデンティティというのは確立するものではなく、すでに聖なる形で内在するものであり、それを顕在化するには、自己の思う「自己像」、他人の思う「自己像」を超えて行くことなのです。これは実際、結構な修練でありまして、あきらめないのが肝要だと肚を据えています。
 エッセンスばかりを書いているので、読んでくださる方々に不可思議な感覚を与える可能性があるのも承知しながら書いています。心で、魂で読んでいただければ、と思います。

↑ページのトップへ

鶏のデュオ Cock's Duo F10(53.0×45.5㎝)

 Then keeping neutral became my daily training. I know that it sounds characterless for an artist. But now I am certain the first thing to do is to attain the highest neutrality and after that the true identity automatically gives off its brightness as an individual. That is, identity is not to be established but just to be found out because it resides in each of us by nature with its holy vibration, and we can be aware of that by eradicating our own image and the others’ image on us as well. Actually this is a hard training. So I have made every effort not to give it up.
 I am just writing the essence of my thoughts, so I suppose some of you readers might feel it a little incomprehensible. I would appreciate if you read this by your heart and soul.







メセタの大地を行く Going on the terra of Meseta F50(116.7×91.0㎝)

思いとか願いとか

 私には、自己の個性を生かしたいとか、能力を発揮したいとか、この世的に認めてもらいたいという思いは全くありません。
 2008年6月から欧州にて800キロの巡礼路を、ひとり延々と歩き続けたのですが、あの膨大なひとりきりの時間の中で、ひとりじっくり考えるべきテーマは何も思い当たらなかった自分に、不可思議な衝撃を覚えたものです。若い頃に、瞑想を学ぶ機会があった際、頭の中に、次から次へと思いや考えが渦巻き続け、座って目を閉じているだけなのに疲労困憊した記憶があるのですが、いつ、空っぽになったのでしょうか。
 巡礼路をぽつぽつと歩きながら、ただ大地の風が、空っぽな私を吹き抜けて行くのを、ただ堪能していたように思います。




↑ページのトップへ

巡礼走馬灯 Memory-go-round of Camino F15(65.2×53.0㎝)

Desires

 There is nothing that I particularly wish to do as an artist, because art is not individual work I can do for myself, and also because ambitious attempts to demonstrate my own talent or to establish reputation is far from the nature of ‘Art’.
 In June in 2008, I made an 800 km of pilgrimage all alone in Europe. Then I couldn’t see anything to think of in my mind in such long and quiet time of loneliness. I felt that a little unusual. Remembering my younger days, I used to get tired from my endless thinking and wondering in my meditation. When was it gone?
 All the way on the journey, I was only feeling the wind blowing over the terra going through my emptiness.

薔薇 -悟り- Roses -Awakening- F15(65.2×53.0㎝)

悟り

 私は、人が人生で、一番学ばなければならないのは、「宇宙の真理」だと本気で考えています。一番訓練しなければならないのは、「愛」だと本気で考えています。そして、一番体得しなければならないのは、「悟り」だと本気で考えています。何故なら、そのことに関して無知であったが故に、人生の前半は、今思えば、外身に格好がついているわりに、内的充足感の無い非生産的な疲労を感ずることが多かったからです。
 すべてのイノチはどこから来てどこへ向かうのか、そして我々人類は何の役割を担って、この地上にイノチを受けているのか、という斯くも壮大なスケールの時空の流れを読み取らなければ、この先、人類も万類も地球も、今までの概念の枠のままでは生き伸びないであろうと考えています。そのことを恐れていたり、悪いことだと判断しているわけではなく、より良い選択は、人類の宿題だと感じているのです。そのことに目を背けること無く対峙させてくれる智慧は、「宇宙の真理」であり、

麗氣の森 Forest in grace F6(31.8×41.0㎝)

Awakening

 I seriously think the first thing we have to learn in our life is ‘Cosmic Truth’. I seriously think the first thing we have to train in our life is ‘Love’. I seriously think the first thing we have to master in our life is ‘Spiritual Awakening’. It is because without my ignorance about them I had been worn out in my life though I had appeared to be going well.
 If we didn’t read the tide of space-time at solemn scale; where every life comes from and go to and what kind of role human beings should play here on the earth, we, including all of other species, could not survive any more. I don’t mean that I am afraid of it and that I judge it is bad. I am saying we, human beings have an assignment for the best choice for all species. And ‘Cosmic Truth’
is the abundant wisdom which encourages us to confront the given assignment, ‘Love’ is the pure motivation which leads us to the completion of the assignment,



桃色の街 A city in terra-cotta pink F10(45.5×53.0㎝)

その宿題を熱心に純粋に解いて行くためには、「愛」の訓練が必要なのだと思います。また「悟り」とは、浮き世を離れて乾涸びるほど食べなかったり、洞窟で瞑想したり、滝に打たれたりして得るものではなく、自己の本質に回帰して行くための愛と感謝に溢れた意欲的で活動的な道を極め、この世の幻想を見抜き、大いなる一体性に辿り着くというか、宇宙そのものになるというか、言葉では表現しきれないのですが、イノチがイノチたる所以を思い出すことなのだと、体験をとおして確信するに至りました。
 そして、それらの方法論に関しては、私なりに、あれこれとキャッチするメッセージがあり、もし天命なら、いつの日か、「真の教育のための学校」なるものを開校し、人間が人間として、当然学ぶべきこと、体得すべきことが可能な環境を提供したいと思っています。それは、私の夢でも、目標でもなく、「それがそうなら、そうなるだろう」という、私個人の意図を超えてさせて頂くという感じのプロジェクトであり、実現すると本当に素晴らしいことだと思っています。


↑ページのトップへ

太陽と梨の木 The sun and a pear tree F6(41.0×31.8㎝)

and ‘Spiritual Awakening’ is the perfect oneness which makes us remember the true goal of each life in the universe. And it is not accomplished by ascetic practices, but accomplished by our dedication to what we should actually do in everyday life with full of gratitude and love seeing through the illusions that we think real.
 To share this process with people and to let them learn the method, I have already received some messages about the concept and the system from the cosmic source. If it is my vocation, I would like to found so-called “School for True Education” some day and to give every chance for people to learn what to learn for their awakening. However it is not my dream and my goal neither, because I know it should be done by some great will beyond mine. If it is realized, it will be really wonderful.

Message of Art F15(65.2×53.0㎝)

画家であること

 私は、自分が画家であることに愛着も執着もありませんが、私をとおして絵が生み出されるという神様から授かっている奇跡に、どこまでも謙虚であるための学びは、もっともっと深めて行きたく、もっともっと純度を上げて行きたく、そのために、さらにさらに描かせていただきたいと思っています。


↑ページのトップへ

窓辺 At the window F4(24.2×33.3㎝)

To be an Artist

 I have neither particular attachment nor obsession to being an artist. But the only motivation for me to be an artist is to receive the miracle that God creates paintings through me, which always brings me deeper gratitude and modesty. And I have to be an artist for this grace.

ダリア Dahlias P15(65.2×50.0㎝)

投影と新生

 花が咲くという当たり前のようで不思議な出来事にじっと意識を集中するに、それは、ただ生物的細胞分裂が行われて、つぼみが大きくなり「咲く」という状態になるのではない感じがすることがあるのです。つぼみが宇宙の根源なるイノチのエネルギーの中に、自らのイノチを投げ入れて、新たに次のフォームへと生まれて出て来ている。連続する変化ではなく、古いエネルギーや古い形を脱ぎ捨てて、新しい姿に瞬間瞬間生まれ変わって来ている、と感ずることがあるのです。そして、素晴らしい芸術家というのは、ジャンルを問わず、何と言いましょうか、彼らの表現は、彼らの内的世界が咲いているから素晴らしいという種のものではなく、その世界さえ捨てて、自らが何か根源なるエネルギーに溶け入った結果として、源たるエネルギーが押し出すままに咲き出ているというもののように感ずるのです。すなわち、内なる世界の「投影」ではなく、自らが根源に飛び込んだ結果として、新たなるイノチを創出して来る、すなわち「新生」して来るのだと思うのです。そして、その咲き出る瞬間の激烈、すなわち作家や表演者のその脱皮の激烈に、私は強く打たれるのだと思います。


↑ページのトップへ

イノチ Life F8(45.5×38.0㎝)

Reflection and Rebirth

 Synchronizing my vibration to that of flower, I feel it comes out by some mysterious system more than biological one of its cell division. I feel a bud throws its life into the cosmic energy that is the origin of creation, and it is reborn in a new form. I mean the change is not continuous transformation but momentary rebirth by taking off past energy and old form. I really feel a great artist in any field creates his art diving into the energy of universal source renouncing even his own creative world, and the dynamic energy pushes his life out to a new life. It is the very “Rebirth” of his life, not “Reflection” of his inner artistic world. And I am struck by this breaking-out energy of rebirth and overwhelmed by the coming-out energy with strong dynamism beyond his creativity.

霧の街を行く Misty F30(72.7×91.0㎝)

気体的領域

 また一方で、このような種類の感動が肉弾的というか、固体的なのに比べて、流体的、そしてそれをさらに超えて、気体的な感動というものに、だんだんと出会うようになって来ました。例えば、それらは、名もなき作家による骨董の数々、合気道開祖植芝盛平氏の晩年の演武、インドなどで聖者が中心となって歌われる祈り歌などがそうなのですが、それらは、自らがその存在をダイレクトに主張して来るわけではなく、なんとも謙虚な佇まいであったり、素朴でさらさらとした表演であったりするのですが、こちらが心を開けば、とてつもなく大きなエネルギーで迎え、包み、そして霊的に高次の世界へ、羽衣をたなびかせるように、こともなくさらりと連れて行ってくれるのです。この我の無い美しさ、崇高さというのに接すれば接するほど、何か、自己の本質の聖なる性質、神なる性質が、だんだんと蘇ってくるというか、元々、人間の細胞に書かれているであろう、一体性と崇高さのプログラムがふつふつと作動して来るように感じられるのです。

粉引きの器と桃たち A ceramic bowl and peaches F8(38.0×45.5㎝)

Subtle Field

 This kind of energy is solid and physical. On the other side, I have been inspired by the energy like air subtler than liquid or solid. The sort of energy is often found in some antiques by unknown artists or artisans, martial art played by Mr. Morihei Ueshiba who is the founder of AIKI-DO, chanting by Saints and their devotees in Indian Ashram and so on. They don’t appeal themselves strongly to us, and they are humble and simple. But once we open our heart to them, they embrace us with great energy and bring us to higher perception like whisper of angels. The more deeply I come in touch with the beauty without ego, the more closely my divinity comes back to me. It is as if my inner holiness began to work, and it reminds me of how much love I have in me. In this way, true art is the art that could activates the sensitivity in subtle field in spirit. This kind of art does not give us strong physical impression or

華祭り Festa in Heaven F50(116.7×91.0㎝)

自分は斯くも愛であったのだと、急に認識が起きたりするのです。そして、このような気体的感動に感応する中枢を、自然に、それこそさらりと刺激できるような芸術こそが「神芸術」だと感ずるのです。それらは、実感という類いの衝撃はなく、肉体的周波数にしかONが出来ない状態であれば、物足りないと感じたりするかもしれないのですが、実は、霊的に物凄く大きな働きをしているのだと感ずるのです。
 植物や野生の動物を見て、何と霊的に美しい姿をしているのだろうと、何と智慧に溢れた佇まいなのだろうと感動するのですが、本来的には、人が最も霊的に創られているのだと思うのです。「万物の霊長」というのは、まさにそのとおりだと思うのです。そして、そんな真に美しい人間に回帰したいと思うのです。
 芸術により、真に人類、万類、地球、宇宙に、霊的に貢献し、そのことをとおして、芸術を神の元へ帰すことが、芸術家の務めではないかと考えています。


↑ページのトップへ

牡丹 Peony P50(116.7×80.3㎝)

stimulation in many cases. So if we were insensitive to the subtle frequency of such art, we would feel something missing in it. But in fact, it works positively, spiritually and universally.
 When I see plants or wild animals, I am strongly moved by their grace so spiritual, beautiful, and full of cosmic wisdom. However the most spiritual being on the earth must be a human being because “Man is the lord of all creation.” So I wish to return to the genuine human being who has true beauty as a creature.
 I believe that the dedication by ‘Art’ is to make every being enlightened about its true nature by awakening its subtle field of spirit and soul and to make people remember that ‘Art’ belongs to the original creator God.

磁州窯の壷と梨 Chinese antique pot and pears M6(24.2×41.0㎝)

時代

 人の生き方にも、その時代を担う世代特有の役割というものがあるように思います。今の時代は、私は、自己探求の時代ではなく、一気に飛び級して、宇宙なる真理に飛び込む時代だと感じています。今から30年ほど前までは、自己探求こそが命題であったように思うのです。「自分とは何者か?」「自分のこの世での役割は何か?」「自分は何故こうなのか?」「自分は何を生きるのか?」「自分の存在の意味は、価値は?」とにかく、「自分」という小さな宇宙から出発して、大きな一体なるものに向かうために、どこまでも探求したら良く、また探求すべきでもあった時代だったと思うのです。高度成長期で増幅したエゴの川のドブさらえをするために、どこまでも個人が自分自身と向かい合い、純粋意識に到達するために、出来る限りの手法を用いる時代であったように思います。瞑想や自己啓発セミナーや多くのスピリチャルな書籍などによって、多くの人が、自分は一体何者なのかというテーマで、集中的に自分というものに興味関心を向けていた時代だったように思います。つまり、ミクロからマクロへ、すなわち自分から宇宙への氣の流れを辿って、良き人生、良き時代を創って行こう、という時代だったと思うのです。

深き森へ To the deep forest F20(72.7×60.6㎝)

The times 
 Every generation has its particular role in every period. Nowadays we are not in the time of self-discovery but in the time of realization of ‘Cosmic Truth’ skipping over various steps to reach there. About 30 years ago, self-discovery used to be a main theme for people. “Who am I?” “What is my role in this world?” “Why am I like this?” “What is the meaning and value of my own existence?” Every spiritual pursuit was based on ‘Me’. And it was valuable to clean up the river contaminated by egos caused by the high economic growth at that time so that people could experience their own pure consciousness. In those days they tried to find the answer of the real me by meditation, self-enlightenment seminars or various spiritual writings. And the process from ‘Me’ to ‘the Cosmos’ for spiritual awakening, that is, spiritual ‘Micro-Macro’ process was natural and perfect then.

赤い丘のある村 Village with a red hill F10(53.0×45.5㎝)

 しかし、その世代を経て、山積する地球規模の問題が顕在化する今、一人ひとりが自己探求に勤しむ時代ではなくなりました。マクロからミクロへ、すなわち宇宙の真理にいきなり飛び込んで悟ってしまった結果として、一人ひとりの役割や意味は当然達成されているというウルトラCを成す時代であり、超特急、いやロケット噴射する勢いが要る時代だと感ずるのです。そう確信してからは、私は、あっさりと自己探求という世界から抜け出してきました。自己探求を放棄した途端、世に言う職業としては、画家になったのですから、不思議だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとっては、語り尽くせないのではありますが、その動機たるや完璧な裏付けがあり、前述の気体の話ではありませんが、さらさらとそのような流れに身を投じたのです。結果として、自分のことは、以前より格段に深まって来ており、小さな自分を超えた宇宙的な時代の要請は、紛れもなく本物であったと感じています。そしてその要請に、なぜかその時、一心に私が耳を傾けることができたのは、大いなる導きの成せる業だったのだと、深く感謝せざるを得ないのです。


↑ページのトップへ

大聖堂が見える City of Cathedral F15(53.0×65.2㎝)

 But I think, at the present time with a mountain of global problems we face every day, the Micro-Macro process should be changed to the ‘Macro-Micro’ process with super power and super speed of rocket launching. As soon as I recognized this, I got out of the world of self-discovery without any doubt. After I abandoned my self- discovery, I became a painting artist, which would sound a little strange some times. But I have a perfect backbone and reason for that, though it is difficult to explain here completely. Anyhow I just accepted the flowing of energy beyond my will. As a result of that, I have got the answers on ‘Me’ much more clearly and deeply than when I used to be in my self-discovery. And now I can feel that the universal flow coming to me at that time was undoubtedly a true way. And I also thank deeply some great existence for guiding me so that I could listen to the message then.

静かな村 Silent village F8(38.0×45.5㎝)

仕事

 ずいぶんと大層なことを書いたようにも思うのですが、最低これくらいは書きませんと、絵を見て頂いている方に、失礼な感じがするのです。私自身は、本当に平凡でなるべく多くを持たず質素に生きています。私という人間に、何か使い道があるなら、神なる宇宙に使っていただけるよう、謙虚さと感謝と愛ということについて、どこまでも深く磨いておかねばならないと思い、あれこれ模索しながら精進しています。今、この世の流れを感じ、それをどこかへ導こうとする大いなる意識の流れを感ずる時、自分を、とにかく、どこまでも純化しておくこと以外に、私の仕事と呼べるものは無いと考えています。


↑ページのトップへ

長い橋 Long brodge F10(45.5×53.0㎝)

Vocation

 I think it is important for me to write the essence of my philosophy to show my politeness to people who appreciate my paintings. I am an ordinary person and actually live a simple life without so many things belonging to me. And I try hard every day, as I have to grow my gratitude and love as much as possible so that I can be useful for the divine plan that the universe is creating moment by moment. Every time I feel the energy flow that intends to lead us to some other dimension, I believe what to do my best in my vocation is to purify myself.

Takako Mabchi

Profile History

掲載作品

掲載作品

画像の説明


画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional