「宇宙と一つになって生きる」− 今望まれる 唯一の在り方 −  その機会と環境:「真の教育のための学校」NOW <Normalized Organism for the World>(企画推進室:Art Libra)

yano-san-in-artlibra20160726

「真の教育のための学校」NOW  ” 特 別 講 座 ”

矢野智徳氏 ー 大地の再生講座 ー
− 学校造りの環境改善 −

(第2回:2016年7月26日(火))

「宇宙の真理」に基づいた学校を造ります。
名前を、「真の教育のための学校」NOW と言います。

「NOW」とは、唯一実在する「今そのもの」のこと。
真の叡智はそこから生まれます。

また、「NOW」とは、「Normalized Organism for the World」の頭文字でもあります。「世界のためのノーマルな姿の有機体」という意味です。

大人は日々働き、子供は日々学び、会社、家庭、学校などで日中の大半を過ごします。

そこで多くを学び、多くを体験しますが、実は、

人が真に知るべきことは、ほんの僅かです。
そして、真に取り組むべきことも、僅かです。

  • 私たちは、バラバラな存在ではなく、宇宙という一つの大きな生命であること。
  • その実感を妨げているのが、休みない思考と波立つ感情、という雑音です。
  • あらゆる悩み、不調和、ストレスは、そこから生まれます。個人単位でも、人類単位でも、それは同じです。
  • 考えと感情が静まれば、自らの内側に広がる無限の静寂空間に氣づきます。
  • 実は、それこそが自分の本体であり、すべては「それ」一つなのだと分かります。
  • その静寂空間こそが、生命であり、叡智であり、歓喜であり、全てを調和に導きます。
  • 常に意識をそこに置けば、今知るべきこと、今することが、内側から立ちのぼって来るのです。
  • 子供は、自分と言う存在に必要な学びを、自ら氣づき、学び始めます。大人は、自分という存在に相応しい働きを自然に行ない始めます。それを別名「天命を生きる」と言います。
  • そこに、思考や目標はありません。ただ「今」という唯一の実在の中で、その時、その人、その空間を通して、宇宙が完璧に調和し、展開するのです。

真に必要なことは、これだけです。
大自然も、大宇宙も、その様に機能しています。

一般的に、その状態を「悟り」と言いますが、「悟り」とはかつての様に「特別な人の、特別な意識状態」ではなく、もはや、余りにも自然で、最も当たり前な在り方と言えます。

このことを、真正面から、当たり前に扱ってこそ、全ての学びや活動に、真の価値が生まれます。そのための「機会と環境」、それが、「真の教育のための学校」NOW です。

この動きは、個人の意志によって生まれたものではありません。中心者も居ません。
ただ、「すべてにとっての最善」というパスワードで機能する開放的な有機体です。
まさに、時代の要請と言えるでしょう。


矢野智徳氏 ー 大地の再生講座 ー
<学校造りの環境改善(2016年7月26日(火))>
について

2016年夏より、この「真の教育のための学校」NOW の拠点が奈良県の室生山中に造られます。大人たちや、子供たちの活動拠点、プログラム会場、学び場、遊び場、畑、宿泊施設・・・

荒れた未整備の1300坪の山林と、重度に転圧され窒息した1000坪の宅地が、「真の教育のための学校」NOW の拠点として生まれ変わります。

その拠点造りと、日々の活動の重要な「核」に、「環境改善」があります。

全国各地で開催されている、矢野智徳さん(杜の園芸さん)の「大地の再生講座」を、ここ、「真の教育のための学校」NOW の拠点において、開催致します。

第1回目は、2016年4月25日に開催されました。
「矢野智徳さん」や「大地の再生講座」についての詳細は、こちらをご覧ください。
  第1回 大地の再生講座 in Art Libra (2016.04.25)
 ※ コンセプトや要項は、7月26日開催の今回と異なりますので、ご注意ください。

(第1回目は、11名の方が参加され、参加費の全てを杜の園芸さんに届けることが出来ました。ありがとうございます。)

そして、第2回、7月26日(火)からは、本格的に「学校造り」の動きに入ります。

今回は、お子様自身が安全に参加できる子であるか、親御さんが充分に目を配れる状態であれば、お子様連れでも参加できます

また、7月26日当日に向け、準備の環境改善(自主改善)を行います。

7月21日(木)〜24日(日)
・駐車場の整備(風の剪定、点穴堀、U字溝の蓋づくりなど)
・実施会場までの通路の整備(柵の補修、階段の補修、出入口造りなど)
・林内のフィールド整備(動線の確保、階段造り、シートの屋根掛けなど)
・野外トイレ造り
・7/26当日に使う環境改善資材(炭、小枝、中枝、竹など)集め
など。

26日当日は、自主改善を、矢野智徳さんに「答え合わせ」していただきます。

そして、当日も、フィールドでの作業を通して、多くを体験し、学んでいただきます。
簡単な手道具で、家庭でも、近所でも、自ら環境改善を進めて行ける様、エッセンスを学んでいただけます。

そして、7月と8月は、「真の教育のための学校」NOW の「環境改善月間」とし、どんどん環境改善を進めて行きます。それに向けた「宿題」も、矢野さんにお出しいただきます。

※「自主改善」は、この動きに関心のある方で、共に作用したい方には、ご参加いただけます。(「自主改善」につきましては、後ほど「参加要項」の「その他」の欄でご案内致します。)

まずは、7月26日(火)当日のご案内を致します。



今回は、緩やかな二本立てを考えております。(明確な境を設けません。)

【基本修得コース】と、【応用実践コース】の二本立てです。

【基本修得コース】は、主に、林内で、活動フィールドを整えて行きます。ノコガマや移植ゴテなど、シンプルな手道具で、環境改善の基本、エッセンス中のエッセンスを学びます。こちらは、はじめての方や親子連れでの参加にも適しています。もちろん、親子でなくても参加できます。
(「真の教育のための学校」NOW の日常カリキュラム(毎週火土)は、この場所で行なわれています。)

【応用実践コース】は、強度転圧の宅地の水脈整備を中心に行ないます。自主改善の結果起きた不具合を、矢野さんに診断いただき、改善のポイントを示していただきます。重機(小型ユンボ)も用います。

この二つのコースは、互いに連動させ、双方を行き来できる様に進めます。
参加料などの「要項」に、違いはありません。


参 加 要 項

日 時:
第2回:2016年7月26日(火) 9:00〜18:00 (雨天決行/警報時は当日連絡)

会 場:
Art Libraの敷地内(約1,000坪)及び、裏山(約1,300坪)
(〒633-0423 奈良県宇陀市室生田口元角川433)

参加対象:
・子供たちに、健全な環境と、本質に即した学びの機会を与えたい方
・本質に即した仕事、本質に即した在り方を望む方
・この動きに深い関心のある方
・環境改善のエッセンスを修得されたい方
・それを広く分かち合いたい方

参加料:
※ 参加料は2本立てです。一つは、受講料として矢野さんのチーム(杜の園芸さん)に対して、もう一つは、「真の教育のための学校」NOW の建設準備金としてです。

【杜の園芸への受講料】
2万円以上の自由価格(1家族あたり(1人〜1家族):同居の家族のこと)

【「真の教育のための学校」NOW の建設準備金】
自由喜捨(お心のまま)


※ 【杜の園芸への受講料】としてお預かりした金額は、前回同様に請求額を超えましても、すべて杜の園芸様にお渡しします。

※ 【杜の園芸への受講料】について
私は、20,000円以上の自由価格は、

・唯一無二の機会
・杜の園芸さんの活動における目に見えない経済的・社会的リスクへの理解
・万能で必須の学び

に照らして、驚くほど安い料金設定と捉えています。
(前回は、一人当たり、3万円+消費税でした。)

皆様からお預かりした参加費は全て、矢野さんのチーム、即ち「杜の園芸」様にお渡しします。ぜひ、彼らの貢献と、日夜を問わない献身に、精一杯のお支払をお願い致します。

寄付参加/遠隔参加:
「当日日程が合わず、参加できないが、協力したい、学びたい。」という方もいらっしゃいます。ぜひ、可能な形でご参加ください。

ご入金いただける方は、以下の口座にご自身との一致感の在る金額をご入金の上、info@artlibra.net に、「杜の園芸に○○円、「真の教育のための学校」NOW に○○円で振り分けてください。」とご連絡ください。

この様な形で、ご協力、ご参加くださった方には、当日参加される方にお配りする小冊子「環境改善のエッセンス」(仮称)を送らせていただきます。メイルの際、ご住所も併せてご案内ください。(矢野さんの講座で毎回使用されるスライドが主な内容です。)

<ゆうちょ銀行間の振替の場合>
記号:14550  番号:25610271
名義:真の教育のための学校NOWプロジェクト

<他行からの振込の場合>
ゆうちょ銀行  店番:458  普通預金  口座番号:2561027
名義:真の教育のための学校NOWプロジェクト

ご連絡先:info@artlibra.net

アクセス:
・室生寺から約6km南、龍穴神社から約5km南
・自動車の場合、龍穴神社前からお電話ください。
 (カーナビでは出ない場合がありますので。)
・公共交通機関は、近鉄室生口大野駅からタクシー(12km、約20分、4000円~5000円程度)

持ち物:
・作業着、作業帽、軍手、雨合羽(雨具)、長靴、のこがま、移植ごて・・・
・充分な飲み物、筆記具等(必要な方は、写真、録音器、ビデオカメラなども)
・愛用の道具は、お名前を明記の上、ご持参ください。
 (腰袋、手ノコ、剪定鋏も、あると便利です。)
・今回は、建家には入らず、終始野外です。林内な涼しいですが、充分な暑さ対策、雨対策をお願い致します。
・お問い合わせもご遠慮なく。info@artlibra.net

※ 必要な方は、お弁当もご持参ください。当日、作業現場近くで、シンプルな昼食も作る予定です。詳しくは、お申し込みの方に追ってご案内致します。
※ 終了後の交流会は、今回は予定しておりませんが、夕方にシンプルな軽食を検討しています。こちらも、追ってご案内致します。

宿 泊:
遠方よりお越しの方で、当日の宿泊をご希望の方は、直接、以下にご相談ください。
大宇陀の報恩寺さん http://houonji.net/
〒633-2151 奈良県宇陀市大宇陀大東45
Tel:0745-83-1341
(お寺の奥様も、今回の講座に参加されます。)
お寺さんですから、お代は「お心」ですが、ガイドラインはありまして、目安としましては、素泊まり3000円、朝食500円、夕食は当日の流れにもよりますので、直接ご相談ください。

会場(Art Libra)から6kmほど離れた室生寺周辺には、いくつか宿屋があります。以下、参考になさってください。
http://www.e-murou.com/
http://www.hashimotoya-uda.jp/
http://sp.raqmo.com/nakamurayaryokan/

今回の重点項目
当日までの「自主改善」の進行状況にもよりますが、以下が当日の重点項目です。

ポイント:学校造りの為の大地の再生講座

  • 座学(基本の学び:小冊子を手に、野外で学びます。)
  • 基本の環境改善(ノコガマや移植ゴテなど、簡単な手道具で、誰でも(子供でも)手伝えるような、簡単で効果的で万能の「エッセンス中のエッセンス」を修得します。)
  • 「NOW」の日常の野外活動場所、学びのフィールド造り
  • 雨の日でも学べる場所造り
  • 屋外トイレの充実
  • 危険箇所の解消(農業用水路とヒューム管と橋)
  • 環境診断と宿題
  • エントランスから建屋までの動線の診断と整備
    (さらに余裕があれば)
  • 山の中の小路や階段
  • 山の水の引き方や、即席のかまどづくり
    など。

もちろん、現場では、人数、メンバー、天候などに応じ、最も相応しい流れに委ねます。


その他:

  • 今回は、建家には入らず、終始野外です。トイレも林内に(比較的立派なものを)造りましたので、そちらをご利用ください。
  • 前回は、室内で座学があり、スライドも観ながら学びましたが、今回は、スライドの内容を小冊子にまとめましたので、当日お渡しします。必要な学びは、現場現場で、適宜行なわれる形となります。
  • 矢野さんをお招きしての「大地の再生講座」当日の前後、特に7月と8月は、頻繁に「自主改善」を行ないます。「真の教育のための学校」NOW の日常カリキュラム(毎週火土)も、7月8月は、「環境改善」を通しての学びとなります。「自主改善に関する共有事項」は、こちらをご覧ください。http://artlibra.net/index.php?jishu-kaizen

お申し込み/お問い合わせ
E-mailはこちら
・Tel&Fax:0745-88-9014



参考に、前回開催のご案内ページをぜひ、ご覧ください。
「矢野智徳さん」について、「環境改善のエッセンス」についてなど、良くご理解いただける内容となっております。

第1回 大地の再生講座 in Art Libra (2016.04.25)
 ※ 第1回と第2回(今回)とは、「要項」が異なりますので、ご注意ください。


<参考資料>

※ クリックして、内容をご確認ください。

イノチの力【Art Libra News Letter】0062

矢野さんの講座での解説映像ほか【Art Libra News Letter】0071

矢野流 環境自主改善について

「大地再生」「自己再生」【Art Libra News Letter】0078

4月25日「大地の再生講座」の写真が掲載されている記事

・その他:Art Libraホームページの検索欄に「矢野」と入れ検索いただくと、サイト内の関連記事をご覧いただけます。


共に学べるのを、楽しみにしております。

ありがとうございます。

「真の教育のための学校」NOW プロジェクト
企画推進室:Art Libra
鶴飼哲也



お申し込み/お問い合わせ
E-mailはこちら
・Tel&Fax:0745-88-9014

参加要項はこちら


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional